information

企画展のアートディレクション・デザインを担当

TANKING MACHINE –REBIRTH–
タンキング・マシーン-リバース
90年代のヤノベケンジ展

2021年5月29日土 - 7月19日月
10:00–18:00
休館日:月曜日(7月19日開廊)
MtK Comtemporary Art
協力:京都芸術大学 ウルトラファクトリー

 

ヤノベケンジ伝説の作品が 再制作によって現代に蘇る

《タンキング・マシーン》(1990)は、ヤノベケンジのデビュー作であると同時に、90年代の日本の現代アートシーンのトレンドの一つ「ネオ・ポップ」を牽引した記念碑的な作品です。
ヤノベは、1989年、RCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)に短期留学した際、幼少期から西洋美術の大作を身近で見て育つ子供たちの姿を見て、同じ美学と方法では敵わないことを痛感し、漫画・アニメ・特撮・SFなどで養われた自身の美学を見つめ直します。
そこで、神経生理学者ジョン・C・リリーの考案した感覚遮断装置「アイソレーション・タンク」をヒントに、疑似的な胎内回帰をし、自身の原点に戻って「再生」する彫刻を着想します。留学中にプロトタイプを制作。帰国後、隔離されたタンク内で生理的食塩水に浸って瞑想する体験型の彫刻作品《タンキング・マシーン》として完成させます。
1990年、東山の三条通沿いにあった「アートスペース虹」の個展で発表し、話題となりました。1996年にはニコラ・ブリオーがキュレーションした「トラフィック」展(CAPCボルドー現代美術館)に出品。「リレーショナル・アート」としても位置付けられるようになりました。30年を経た2019年には、「パレルゴン」展(Blum & Poe、ロサンゼルス)のために再制作されました。
かつて、ペストが猛威をふるった1665年、故郷で自宅待機をしていたニュートンは一人で思索をする中で、微分積分学、万有引力、光学に関する様々な発見をし、「驚異の年 (Year of Wonders)」と呼ばれています。2020年、新型コロナウイルスによるパンデミックが起き、社会全体が「隔離」されている中で、創造性が育まれ「再生」することを願い、再制作された《タンキング・マシーン-リバース》を再び京都の地に展示いたします。